薬剤師転職

薬剤師の履歴書・職務経歴書の書き方やポイントを紹介!

履歴書書くのめんどくせー
職務経歴書の書き方なんか知らねー
転職はただでさえ職場探しもめんどくさいのに、履歴書・職務経歴書も書かなきゃいけない苦行です!
しかーし!履歴書も職務経歴書もポイントを押さえれば案外簡単に書けるんです。
今回は、履歴書と職務経歴書を記載するうえでの注意点を紹介します。

履歴書の記載ポイント

まず初めに、履歴書はあなたの分身といってもいいほど大切なものです。
大事なことは履歴書記載の基本ルールを守り、丁寧に記入することです。
記載された内容はもちろんのこと文字も、人間性や意欲の高さなどを判断する材料になります。
記入の際、誤りがあった場合、修正液や修正テープなどは使用せず、めんどくさいかもしれませんが書き直すようにしましょう。

履歴書【日付欄】の書き方

履歴書には日付を記入する欄がありますが、提出する場合は提出当日の日付を、持参する場合は当日の日付を、郵送する場合はポストに投函する日付を記入するようにしましょう。
令和をRと略したり、年を.にしたりするのは辞めましょう!
しっかり令和〇年〇月〇日と記載するのがベストです!

履歴書【写真欄】のポイント

3カ月以内に撮影した証明写真を使用するようにしましょう。
最悪3ヶ月を過ぎていてもバレる可能性は低いですが、スナップ写真は絶対にNGです。
服装はスーツにネクタイのフォーマルな格好が無難なので迷ったらスーツスタイルで撮影しましょう。
口角が上がった自然な表情は好印象を与えるので意識するようにしましょう。

履歴書【住所・電話番号欄】の書き方

都道府県名からアパート、マンション名、部屋番号まで省略せず、正確に記入するようにしましょう。
同じ県内だからと言って〇〇県を省いて、〇〇市・・・から書く人もいますが、基本的にその書き方はNGなので、しっかりと県名から記載するようにしましょう。
自宅に電話がある場合は市外局番から、携帯の番号も忘れず記入しましょう。また、Eメールアドレス欄には、携帯のメールアドレスを記入します。
最近ではSIMフリーの普及でキャリアのアドレスを持っていない方も増えていますが、GoogleやYahoo!などに登録してメールアドレスを取得することをおすすめします。

履歴書【学歴・職歴欄】の書き方

義務教育は中学校の卒業年次のみの記入で構いませんが、高校以上は入学年次と卒業年次を記入します。
これは忘れがちですが、学校名だけでなく学部や学科、専攻名も記入しましょう。
学歴を書き終えたら、一行空けて職歴を記入します。
職歴は現在までの入職・退職を記入します。薬剤師になる前に企業での勤務経験がある場合は、その時の経歴も忘れずに書くようにしましょう!
退職した場合は、「一身上の都合により退社」、在職中の場合は「現在在職中」と記入します。

履歴書【志望動機欄】の書き方

履歴書の中でも重要視されるのが志望動機です。
なぜこの病院・薬局・企業で働きたいと思ったのか、自分の得意分野や志望先でやりたい事など明確に伝わるようしっかりと自分の言葉でしっかりと書くようにしましょう。
ありきたりな事を書いてしまうと相手の印象に残らないので、ここは集中して時間をかけて書くようにしましょう!

履歴書【自己PR欄】の書き方

応募する職種・業務に活かせる経験やスキルを書くようにしましょう。
また、取得に向けて勉強中の資格や、学会への参加、専門書の購読など自己研鑽に関連することも書いておくと印象アップなので出し惜しみすることなくどんどん書くようにしましょう!

職務経歴書の記載ポイント

職務経歴書は、あなたが今まで仕事で身に付けてきたことを詳細に伝え、どんなことができるのかアピールする為に各書類です。
書式に決まりはないですが、時系列で業務内容をまとめる形と、職務分野ごとにまとめていく形があります。
アピールポイントを多く書く方が望ましいですが、何枚も書きすぎてもマイナスなのでA4一枚程度に留めましょう。

職務経歴書【形式】

職務経歴書には履歴書のようなフォーマットはありませんが、一般的に時系列に経歴を記載するパターンとスキル・職種別に経歴を記載の2パターンに分かれます。
社会人経験が少ない場合やひとつの業務でのステップアップをアピールしたい場合は、時系列に業務内容をまとめることをオススメします。

職務経歴書【アピールポイント】

「職務経歴書」の一番重要な箇所です。

「これまでのスキルや経験」「自分が応募企業で貢献できること」「入社後に挑戦したいこと」の3点をふまえて、「自分の強み」をアピールしましょう。

たくさんアピールしたいからと要点をまとめずダラダラと長くに書くのは辞めましょう。
また、「自己PRうまくかけない」という不安な方は、自己分析で「自分の強み」を探ってから自己PRを書いてみましょう。

処方箋の受付枚数を記載する

今勤めている、もしくは直近まで勤めていた薬局の処方箋の1日あたりの受付枚数(自分の担当した処方箋ではなく薬局全体)と配置薬剤師数を把握できているのであれば、記載するようにしましょう。
それにより人事担当者が、あなたの勤めていた薬局の規模や、薬局内でどんな業務をしていたかイメージしやすくなります。

処方科目を記載する

総合病院の門前薬局の○○科目、単科の○○科目を処方していたなども書いておくことも推奨します。

管理薬剤師の場合

管理薬剤師の経験がある場合は、絶対にそのことを記載しましょう。
薬に関する知識だけでなく、薬事法や薬剤師法などの法律に関する知識など幅広い知識も必要とされるため、経験がある人はぜひアピールしてください。

めんどくさいなら転職サイト利用がおすすめ

情報収集を始める際にまず見ておきたいのが、掲載求人数が多く、転職体験談なども掲載していて、幅広くさまざまな情報を集めることができる転職情報サイトです。

薬剤師は職業柄、1日中忙しく転職を考えていても求人をじっくりと探す時間はありません。
そこで、人材紹介会社を利用することで、小さな労力とリスクでより多くの求人情報を得ることができます。
また、より良い転職先を見つけられる可能性も高まります。
コンサルタントにお願いすることで希望の給与や勤務時間、業務内容などの項目について、多くの医療機関と確認や折衝を行い自分の希望に近い職場を紹介してもらえます。

履歴書や職務経歴書の記載もコンサルタントが手伝ってくれる転職サイトもあるので、自分で書くのがめんどくさい薬剤師は利用するようにしましょう!

また、応募辞退の際にはコンサルタントが医療機関に辞退の連絡をしてくれます。

転職サイト経由であれば、年収や夜勤、休みの交渉は自分ではやりにくい交渉も行ってくれます。
少しでも良い条件で転職したい看護師は転職サイトを使いましょう。

転職したい薬剤師は直接応募するな!エージェントを使わないのは勿体ない。

おすすめの薬剤師転職サイト

薬キャリ

特徴

・即日最大10件の求人を紹介・コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職活動が可能
「産休・育休取得実績あり」などママ薬剤師向け求人検索が充実
・レスポンスが他社より早い
・薬剤師専門の掲示板がある
薬キャリ(m3)利用者の口コミから分かるメリット・デメリット東証一部上場のエムスリーグループが運営している。 医療業界に特化したビジネスを行っていたことから、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知...

利用者満足度は95%以上!登録しておいて損のないサイトです。
地域専任のコンサルタントが担当なので、大手から地域密着型薬局までしっかり網羅。
電話とメールのみで対応するためすばやい転職が可能になります!

ファルマスタッフ

特徴

薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1
・求人情報に詳しそうな人材会社o.1
・日本調剤グループのノウハウを生かした教育・研修制度が充実
・全国12か所に拠点あり
・高収入の派遣求人多数
https://www.ajaja.jp/?p=402

大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループ運営!
業界最大の求人数60,000件以上を保有しており全国に12拠点あるため、地方在住の方も気軽に利用できるのも魅力的です。
高年収求人や派遣求人を探している薬剤師は登録必須の転職サイトです。

リクナビ薬剤師

特徴

    • 最短3日で転職可能
    • キャリアアドバイザーが優秀
    • 非公開求人が豊富
    • 高収入求人が豊富
https://www.ajaja.jp/?p=125

リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する「薬剤師専門」のサービスです。
大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など、「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ。
選りすぐりの非公開求人には、リクルートグループでしか見つからない求人も多数!!

 

まとめ:書類選考を突破しよう

履歴書と職務経歴書はそれぞれ別の役割があり、書類選考を突破するには、それぞれの目的に沿った内容にすることが重要です。
まずはここでご紹介した「書き方のポイント」を参考にして、内容を考えてみてください。

職務経歴書をまとめる際に重要なのは、決まった形式にまとめることではなく、あなたのキャリアがわかりやすく、最大限に伝わる内容であることが重要です。
なかなかうまくまとまらない時は、他の職種の職務経歴書も参考にするのも一つの手です。

転職サイトに登録している場合は、転職のプロが添削をしてくれるので、気を使わないでどんどん活用するようにしましょう!

看護師の転職はどうやって進めるの?転職活動の流れを解説します。

3 年目薬剤師転職
転職を考えている3年目の薬剤師は注意が必要。これだけ押さえろ!薬剤師3年目ともなれば仕事にも慣れてきて、ゆとりを持って職場を見渡すことが出来るようになってきます。 だからこそ、人間関係・給料・休み...
【薬剤師×転職】人間関係で悩む時間は無駄!行動しましょう!人間関係で悩んでる薬剤師に方は多いのではないのでしょうか? 女性が多い職場で必ず起こる人間関係問題! 人間関係で転職を考えた...
オススメ薬剤師転職サイト5選

ファルマスタッフ



ここがポイント!
・薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1
・求人情報に詳しそうな人材会社o.1
・日本調剤グループのノウハウを生かした教育・研修制度が充実
・全国12か所に拠点あり
・高収入の派遣求人多数

大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループ運営!
業界最大の求人数60,000件以上を保有しており全国に12拠点あるため、地方在住の方も気軽に利用できるのも魅力的です。
高年収求人や派遣求人を探している薬剤師は登録必須の転職サイトです。

詳細はこちら登録はこちら

マイナビ薬剤師


マイナビ薬剤師

ここがポイント!
・大手人材会社マイナビの経営
・大手薬局から町の小さな薬局まで幅広く転職できる
・ドラッグストア、製薬会社、病院の求人も有り
・58,000件件以上の求人を保有
・一人あたりに紹介する求人数平均19.5件

マイナビ薬剤師は、「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの株式会社マイナビが運営する薬剤師の方のための転職・就職支援サービスです。
首都圏や関西圏をはじめ、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバーし、満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。
薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、マイナビ薬剤師は、「利用者満足度No.1」の評価

詳細はこちら登録はこちら

薬キャリ



ここがポイント!
・即日最大10件の求人を紹介
・コンサルタントと電話で話すだけのスムーズな転職活動が可能
・「産休・育休取得実績あり」などママ薬剤師向け求人検索が充実
・レスポンスが他社より早い
・薬剤師専門の掲示板がある

医療業界専門のm3グループ運営で薬剤師登録者数No.1!
恐らくほとんどの人が登録しているであろうてことで3位にしました。
利用者満足度は95%以上!登録しておいて損のないサイトです。
地域専任のコンサルタントが担当なので、大手から地域密着型薬局までしっかり網羅。
電話とメールのみで対応するためすばやい転職が可能になります!

詳細はこちら登録はこちら

お仕事ラボ



ここがポイント!
・新規無料会員登録で5千円GET!
・面接で交通費支給1万円GET!(※初回のみ。面接完了後)
・お仕事決定で最大5万円GET!
・お友達紹介で最大5万円GET!
・対応エリアは全国
・就職後の定着率95.6%

企業とのベストマッチング精度の高さが評判!
アイセイ薬局グループ提供の薬剤師転職支援サービスですので、調剤薬局系の求人や情報が充実しています。
大手グループが提供しているだけあって、一般的な求人誌には載っていない、非公開求人も多数保有しています。
また、希望求人がない場合は専任のコンサルタントが職場にあなたを売り込んでくれます。
登録、友達紹介、採用でお金が貰えるだけでなく、面接の費用を出してくれるのが本当にありがたいですね!

詳細はこちら登録はこちら

ジョブデポ薬剤師



ここがポイント!
・8万件以上の求人の中から検索することができる
・良質なコンサルティングを無料で受けられる
・サービスエリアは日本全国におよび、沖縄から北海道までの広域な求人ネットワーク
・非公開求人が全体の約80%を占めている

ジョブデポ薬剤師」は、薬剤師の転職エージェントとして業界トップクラスの実績を誇ります。
運営会社である「with Career」が医師や看護師のサポートも行っているため、医療業界とのつながりが強く、病院や調剤薬局の求人にも定評があります。
ジョブデポの強みは、独自の非公開求人サービスであり、多くの薬剤師の転職を成功させてきました。また、厚生労働省認定の優良転職エージェントとして、誰もが安心してジョブデポを利用することができます。ただし、雇用形態は「正社員」と「アルバイト」のみで、契約社員や派遣社員として働きたい人には向きません。

詳細はこちら登録はこちら